忍者ブログ
宅間善之が興味のあることだけを勝手気ままに書く日記!

来週27日に迫ってまいりました、Motion Blue Yokohama!

メンバー紹介最後は今回のスペシャルゲスト!

ジャズを聴き始めて初めて買ったCD、

初めて行ったコンサート、

両方とも彼のバンドでした。

この世界に入るきっかけになった人との共演!

1分1秒を楽しみたいと思います!


 
David Matthews (デビッド・マシューズ)
 
1942年アメリカ・ケンタッキー州生まれ。

60~64年ルイ・ビル・ミュージック・アカデミーでフレンチホルンと作曲を専攻。

シンシナティ音楽院、イーストマン音楽院を経て、

70~75年ジェームス・ブラウン・バンドでのアレンジが音楽活動の第一歩となった。

 
1975年、Paul Simonの「Still Crazy After All These Years」、

1976年、The Starland Vocal Band「Afternoon Delight」でグラミー賞を獲得。

1976年、George Bensonのアルバム”Good King Bad”にて作曲した曲のうち、

”Theme from Good King Bad”が、

グラミー賞の”Best Rhythm & Blues Instrumental

Performance”を受賞。
 
その後、フランク・シナトラ、ポール・マッカートニー、

ポール・サイモン、ビリー・ジョエル等のアレンジを担当し、

ジャズ、フュージョン、ポップスと幅広い名アレンジで

アメリカ音楽界での地位を確立した。
 
日本においては78年から数々の作品によって日本での知名度を高め、

84年に「マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)」、

89年に「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)」

を結成して以降、その活動の充実ぶりは目を見張るばかり。
 
大の親日家で来日は80回を超える。

「アメリカの開拓時代、ジョニー・アップルシードが荒地に林檎の種を蒔いたように、

自分も日本の若者へ音楽の種を蒔きたい。」と、日本に在留し音楽活動を続けている。
 
2014年より札幌市芸術文化財団「札幌芸術の森」のビッグバンド

「札幌ジャズアンビシャス」の音楽監督をしている。

2017年3月、松田聖子の”SEIKO JAZZ”の全アレンジを手がける。

日本語の会話はもちろん、ひらがな、カタカナ、漢字の読み書きもお手のもの。

"熱燗"と"あじのたたき"が大好物で、新宿の"思い出横丁"の常連。

趣味はセイリングで、キャプテンハットは彼のトレードマークでもある。
 
ライブのご予約は

http://www.motionblue.co.jp/

045-226-1919

9/27(水)Motion Blue Yokohama

18:00 open、19:30live、

Music Charge ¥4.000

出演:

Vibrasonic with David Matthews

宅間善之 Vibraphone

中林薫平 bass

長谷川ガク drums

上杉雄一 Sax(Generation Gap)

織田祐亮 Trumpet(TRI4TH)

スペシャルゲスト

デビットマシューズ piano







下のマレットの写真のバナーを1日1回ぽちっとお願いします!



ジャズブログの人気ランキングです!



よろしくね!









Twirtter(takuma_vib)、Instagram(takuma_vib)、



Facebookのの各種SNSノフォローもお待ちしています!






PR
メンバー紹介番外編 宅間善之 Vibrasonic HOME メンバー紹介その4 宅間善之 Vibrasonic
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
宅間善之 Vibrasonic
性別:
男性
自己紹介:
プロフは下のカテゴリーから選択してくださいね!
自己のバンドVibrasonicで
2013/10/9に
ファーストアルバムリリース!
詳細はホームページへ!
アーカイブ
ブログ内検索
最新コメント
[04/29 NONAME]
[10/17 はる]
[10/08 ごまちゃん]
[12/17 はな]
[02/20 Fuzzy]
バーコード
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]